Home > 業務案内 > 出版 > 書籍詳細
出版

新市場予測2018

書籍イメージ 発 行 : 株式会社日本能率協会総合研究所
発 売 : 株式会社日本能率協会総合研究所
発 刊 : 2013年11月14日
判 型 : A4判
頁 数 : 448頁
価 格 : 本体価格 57,000円+消費税
書籍版を購入申込
書籍・PDF版セット
本体価格 77,000円+消費税
書籍+PDF版を購入申込

※著作権保護のため、PDF版からの印刷やイントラネットでのご利用など制限事項がございます。 こちらから「ご利用上の注意事項」をご確認の上、お申込みください。

【書籍概要】

新たな成長市場・ビジネスチャンスを探索する「市場予測シリーズ」第7弾
新成長市場75テーマ(約115品目)を選び出し、2018年までの市場展開を予測

本 シリーズで継続してウォッチしてきた5つのキーワード、そして科学技術戦略や経済成長戦略が描く未来像、その実現過程で生まれてくる新成長市場を探索しま す。5年後の2018年へ向けて着目すべき新成長市場を考察し、それぞれの市場概要・2018年までの市場規模予測・市場成長への課題・成長要因・参入企 業動向についてまとめています。新規事業開発に向けた情報探索において高い評価を頂いているシリーズです。

サンプルファイルはこちらからご確認いただけます。
回覧用の詳細パンフレットデータもこちらからどうぞ。

第1章 5つのキーワードから見る「2018年の新成長市場」
予測シリーズで継続してウォッチしてきた下記の5つのキーワードから、2018年に向けた新成長市場を考察。目標とする未来像、その実現に寄与する技術、具体的な新成長市場テーマについて想定する。

第2章 科学技術戦略から見た「2018年の新成長市場」
経 済成長や産業振興の原動力となる科学技術。最新の科学技術戦略である「科学技術イノベーション総合戦略」進行中の中期計画「第4期科学技術基本計画」そし て「技術戦略マップ」など主要な科学技術戦略に着目し、戦略が目指す未来像、未来像に近づく過程で生まれる新成長市場について考察する。

第3章 経済成長戦略から見た「2018年の新成長市場」
第 3章では、わが国経済の再生と成長を目的として策定された「2013 年成長戦略」(日本再興戦略)と「2013 年I CT 成長戦略」について、戦略の推進とともに市場創造や市場成長が期待されるマーケットについて想定を行う。キーワードは、健康寿命・エネルギー・インフラ・ 地域資源の活用などがあげられている。

第4章  市場予測レポート ~注目される新成長市場75テーマ~
上記の多 様な視点を踏まえ、2018年に向けて注目される「新成長市場」75テーマ(約115品目)を選びだし、各市場に関する市場予測レポートを収録。各レポー トには、市場動向・2018年までの市場規模予測・参入企業動向・今後の市場成長要因・市場成長への課題等を収録。

注目される技術領域を研究者が解説。10年後の2023年にいたる技術開発の未来を展望する技術予測レポートも発刊となりました。合わせてご検討ください。
「技術予測レポート2023(上)健康寿命の延伸を目指す日本の技術編」詳細はこちら
「技術予測レポート2023(下)低炭素社会の実現を目指す日本の技術編」詳細はこちら

 書籍版を購入申込 書籍+PDF版を購入申込

ページトップへ戻る

<目次>

第1章 5つのキーワードから見る「2018年の新成長市場」
1.生活改善型ビジネスの「未来像と新成長市場」
1)生活改善型ビジネスとは
2)実現を目指す「未来の社会像」
3)実現に寄与する「技術分野」
4)市場の成長要因と「注目される新成長市場」
2.安心・安全を求める社会の「未来像と新成長市場」
1)こころ・安全・安心関連市場とは
2)実現を目指す「未来の社会像」
3)実現に寄与する「技術分野」
4)市場の成長要因と「注目される新成長市場」
3.環境調和型社会の「未来像と新成長市場」
1)環境調和型ビジネスとは
2)実現を目指す「未来の社会像」
3)実現に寄与する「技術分野」
4)市場の成長要因と「注目される新成長市場」
4.生活のICT化が実現する「未来像と成長市場」
1)生活のICT化関連市場とは
2)実現を目指す「未来の社会像」
3)実現に寄与する「技術分野」
4)市場の成長要因と「注目される新成長市場」
5.ビジネス現場のICT化が実現する「未来像と新成長市場」
1)ビジネスICT化関連市場とは
2)実現を目指す「未来の社会像」
3)実現に寄与する「技術分野」
4)市場の成長要因と「注目される新成長市場」

第2章 科学技術戦略から見た「2018年の新成長市場」
1.国の成長戦略に貢献する「技術」
1)成長戦略と技術戦略の関係
2)健康寿命の延伸
3)クリーンで経済的なエネルギー
4)社会インフラ
2.「科学技術イノベーション総合戦略」と期待される新成長市場
1)総合戦略の構成
2)政策課題1:クリーンで経済的なエネルギーシステムの実現
3)政策課題2:国際社会の先駆けとなる健康長寿社会の実現
4)政策課題3:世界に先駆けた次世代インフラの整備
5)政策課題4:地域資源を‘強み’とした地域の再生
6)政策課題5:東日本大震災からの早期の復興再生
3.「技術戦略マップ」と期待される新成長市場
1)技術戦略マップ策定の背景
2)技術戦略マップの構成
3)科学技術イノベーション総合戦略との対応状況
4)技術戦略マップと「注目される新成長市場」
5)分野別の未来像・導入シナリオ
1.情報分野
2.ナノテクノロジー分野
3.システム・新製造分野
4.バイオテクノロジー分野
5.環境分野
6.エネルギー分野
7.ソフトウェア分野
8.融合戦略分野
4.「第4期科学技術戦略」と期待される新成長市場<参考>
1)「科学技術基本計画」の変遷
2)第4期科学技術基本計画の構成
3)「科学技術基本計画」の概要
4)科学技術基本計画に見る「新成長市場」
5.国が進める実証プロジェクトと研究開発プログラム
1)グリーンイノベーション/スマートコミュニティ実証プロジェクト
2)最先端研究開発支援プログラム

第3章 経済成長戦略から見た「2018年の新成長市場」
1.「2013年成長戦略(日本再興戦略)」と期待される新成長市場
1)成長への道筋とアクションプラン
2)「戦略市場創造プラン」と期待される新成長市場
1.《テーマ1》国民の「健康寿命」の延伸
2.《テーマ2》クリーン・経済的なエネルギー需給の実現
3.《テーマ3》安全・便利で経済的な次世代インフラの構築
4.《テーマ4》世界を惹きつける地域資源で稼ぐ地域社会の実現
2.「2013年ICT成長戦略」と期待される新成長市場
1)「2013年ICT成長戦略」のビジョン・課題・重点プロジェクト
2)主に産官学で実施するプロジェクト
3)主に国が実施する環境整備
4)期待される新成長市場
3.2010年新成長戦略<参考>
1)構成
2)概要
4.2010年情報経済革新戦略<参考>
1)構成
2)概要

第4章 市場予測レポート~注目される新成長市場75テーマ~
1.環境技術がリードする「市場」
1)スマートコミュニティにおける交通基盤
ITS(インテリジェントトラスポートシステム)
エコカー/クリーンエネルギーカー
2)社会システムとスマートハウス関連商品
太陽光発電
有機薄膜太陽電池
燃料電池(家庭用・自動車用)
エコキュート
スマートグリッド
スマートハウス関連市場
EMS(エネルギー・マネジメント・システム)
HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)
スマートメータ
ニッケル水素電池(大型二次電池)
自動車用リチウムイオン電池
民生用リチウムイオン電池
住宅用照明器具
自動車用LEDランプ
照明用有機ELパネル
3)省電力と省資源を実現するデバイス&材料
有機ELディスプレイ/大型テレビ用(AMOLED)
有機ELディスプレイ/中小型(AMOLED)
SiC系パワーデバイス
GaN系パワーデバイス
IGBTモジュール
IPM(インテリジェントパワーモジュール)
炭素繊維(PAN系)
フラーレン
カーボンナノチューブ(CNT)
2.生命技術が創り出す「市場」
1)先進医療・診断機器の進展
コンピュータ支援手術
人工心臓
人工腎臓
人工肺
人工皮膚
人工関節
再生医療
カプセル内視鏡
内視鏡
2)高齢者の健康とアンチエイジング
セラミド
ヒアルロン酸
グルコサミン
コラーゲン
バイオ医薬品
3)生活者のQOL向上を支援する先進技術
生活支援/介護ロボット
家庭用掃除ロボット
メンタルヘルス支援サービス(ICT活用型)
ヘルスケアサービス
健康指導支援サービス
見守りサービス
脳波センサ
スリープレコーダ
3.情報技術が実現する「市場」
1)クラウド・コンピューティングの利活用
クラウド・コンピューティング
ホームセキュリティ
緊急地震警報システム
教育分野におけるICT
データセンター
ネットワークセキュリティ
2)生活&ビジネスに浸透する情報集約化端末
スマートフォン
タブレット端末
パーソナルコンピュータ
3)情報ソリューションが生み出すビジネス
工場向けネットワークソリューション
M2M(MachinetoMachine)ネットワーク
農場向けネットワークソリューション
ネットスーパーサービス
4)新展開進むコンテンツネットワーク
映像配信サービス
スマートテレビ
音楽配信サービス
オンラインゲーム
電子書籍サービス
デジタルサイネージ
デジタルライツマネジメント(DRM)
5)情報端末の満足度向上デバイス
電子ペーパー
ヘッドマウントディスプレイ
ウェアラブルコミュニケーションデバイス
6)情報通信の基盤を支える製品
NAND型フラッシュメモリ
DRAM(DynamicRandomAccessMemory)
MRAM(MagneticRandomAccessMemory)
コア/メトロ光伝送装置

書籍版を購入申込 書籍+PDF版を購入申込

ページトップへ戻る