Home > 業務案内 > 出版 > 書籍詳細
出版

技術予測レポート2023(上)健康寿命の延伸を目指す日本の技術編

書籍イメージ 編 集 : 株式会社日本能率協会総合研究所
発 行 : 株式会社日本能率協会総合研究所
発 売 : 株式会社日本能率協会総合研究所
発 刊 : 2013年12月20日
判 型 : A4判
頁 数 : 324頁
価 格 : 本体価格 52,000円+消費税書籍版を購入申込
上巻・PDF版セット 本体価格 72,000円+消費税
書籍版を購入申込
上下巻セット 本体価格 100,000円+消費税
書籍版を購入申込
※著作権保護のため、PDF版からの印刷やイントラネットでのご利用など制限事項がございます。 こちらから「ご利用上の注意事項」をご確認の上、お申込みください。

【書籍概要】

「技術がひ らく10年後の未来」を展望すべく、研究者の皆様に、現在開発を目指す新技術の現状と10年後の2023年にいたる展望をご寄稿頂きました。上巻で取り上 げた「健康寿命の延伸」に関するテーマは、世界に先駆けて本格的な高齢化社会を迎える我が国において大きな期待の高まる領域であり、また下巻の「低炭素社 会の実現」についても、原発の事故以降、これまで以上に期待と関心の高まる領域となっています。いずれも日本のみならず世界が抱える社会的課題であり「技 術開発への期待」は極めて大きなものです。同時に日本の成長戦略においても、非常に重要な位置づけを占める領域となっています。

本書で は、10年後の2023年を一つの目処として、多くの期待と関心を集めるこれらの技術領域が「どのような進展をとげ、どのようなインパクトを社会に与える のか」予測される未来と、技術開発の現状・実現に向けての課題を、研究者の皆様にご執筆を頂きました。多くの研究者の先生方の、さまざまな視点からのご寄 稿によって、技術開発の現地点と課題、これからの研究の方向性をより立体的に捉えて頂くことを目指しています。

また、本書巻頭には、 2013年に発表された国の戦略(成長戦略(日本再興戦略)、科学技術イノベーション総合戦略)において示された「実現を目指す未来像」と「技術開発の方 向性」についても、整理しました。研究者・専門家皆様の視点による予測レポートと合わせて、ご覧頂ければ幸いです。

これからの技術開発10年を展望する素材として、是非本レポートをお役立てください。
※「下巻:低炭素社会の実現を目指す日本の技術編」詳細はこちらからご覧ください。

ご好評を頂いている市場予測シリーズ第7弾「新市場予測2018」も発刊となりました。あわせてご検討ください。詳細はこちらから。

書籍版を購入申込書籍版を購入申込書籍版を購入申込

ページトップへ戻る

<目次>

序 章
健康寿命の延伸に向け「目標とする未来像と技術開発の方向性」
編集部

第1章 QOL 向上・自立・生活支援
皮質脳波を用いたブレイン・マシン・インターフェースによる身体機能障害の代替
平田 雅之 大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学 特任准教授
吉峰 俊樹 大阪大学大学院 医学系研究科 脳神経外科学 教授

自立支援ロボット技術の将来展望
手嶋 教之 立命館大学理工学部 ロボティクス学科 教授

インテリジェント短下肢装具の将来展望
菊池 武士 大分大学 工学部福祉環境工学科 准教授

インターネット環境で同一原理に基づき動作する日常生活支援システムへの期待
若松 秀俊 東京医科歯科大学 生体機能支援システム 名誉教授

第2章 創薬・診断
物理化学的スクリーニング技術による創薬戦略と展望
長門石 曉 東京大学大学院工学系研究科 助教
津本 浩平 東京大学大学院工学系研究科 教授

高機能タンパク質創製技術の現状と展望
玉腰 雅忠 東京薬科大学生命科学部 准教授
八木 創太 東京薬科大学大学院生命科学研究科博士課程
赤沼 哲史 東京薬科大学生命科学部 助教
山岸 明彦 東京薬科大学生命科学部 教授

ナノバイオセンサーの開発と応用展開
民谷 栄一 大阪大学大学院 工学研究科 教授

モバイル型バイオセンサー開発
民谷 栄一 大阪大学大学院 工学研究科 教授

バイオ・医療分野に適用される高機能性磁性粒子
蛍光磁性ビーズを利用する高速イムノアッセイの開発
半田 宏 東京工業大学 大学院生命理工学研究科 特任教授
東京医科大学 医学部 特任教授
坂本 聡 東京工業大学 大学院生命理工学研究科 生命情報専攻 助教

ダイナミック・マルチレベル生体光イメージングの可能性
星 詳子 東京都医学総合研究所
ヒト統合脳機能プロジェクト・プロジェクトリーダー

蛍光を高感度に検出する蛍光増強基板の現状と展望
秋元 卓央 東京工科大学応用生物学部 准教授
安田  充 東京工科大学 リサーチアソシエイト

第3章 治療機器・再生医療
手術支援ロボット技術の展望
正宗  賢 東京大学大学院 情報理工学系研究科 准教授

空気圧アクチュエータを用いた力覚提示機能を有する手術支援ロボット
川嶋 健嗣 東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 教授

重症脳疾患治療のためのシステム自動制御を通した医学における方法の概念的発展
若松 秀俊 東京医科歯科大学 生体機能支援システム 名誉教授

生体吸収性ステントの研究開発・事業展開とその将来性
楠本 雅章 (株)京都医療設計取締役副社長 臨床工学技士
山田 博一 (株)京都医療設計ステント事業部部長
伊垣 敬二 (株)株式会社 京都医療設計 代表取締役社長
京都工芸繊維大学 特任教授

再生医療を加速するセルソーティング技術
宮田 昌悟 慶應義塾大学 理工学部機械工学科 准教授

第4章 重点疾患対策(がん・認知症・難病・糖尿病)
重粒子線による最先端のがん治療研究開発の動向
藤田 敬 (独)放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター 運営企画ユニット長
野田 耕司(独)放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター 物理工学部長
鎌田 正 (独)放射線医学総合研究所 重粒子医科学 センター長

認知症高齢者を支援する技術の動向と今後10 年の展開
藤波  努 北陸先端科学技術大学院大学 ライフスタイルデザイン研究センター 教授

認知症の研究 -早期発見・早期介入と予防-
内田 和彦 筑波大学 医学医療系准教授 分子生物腫瘍

老化に伴う認識機能障害のメカニズムの解明:新規痴呆症診断薬の開発へ向けて
福井 浩二 芝浦工業大学システム 理工学部生命科学科 准教授

炎症性腸疾患の病因解明と新規治療の将来展望
溝口 充志 マサチューセッツ総合病院 病理学講座
西田 淳史 マサチューセッツ総合病院 病理学講座
滋賀医科大学 内科学講座(消化器内科)助教
藤山 佳秀 滋賀医科大学 内科学講座(消化器内科)教授

神経難病の克服に向けて―球脊髄性筋萎縮症(SBMA)に対する治療法開発の展望
勝野 雅央 名古屋大学大学院医学系研究科 神経内科 准教授
足立 弘明 名古屋大学大学院 医学系研究科神経内科
GCOE 特任准教授
鈴木 啓介 名古屋大学大学院 医学系研究科神経内科
橋詰  淳 名古屋大学大学院 医学系研究科神経内科
独立行政法人医薬品医療器機総合機構 新薬審査第二部
祖父江 元 名古屋大学大学院 医学系研究科神経内科 教授

玄米由来有効成分γ - オリザノールを活用した肥満・2 型糖尿病の制御
益崎 裕章 琉球大学大学院医学研究科
内分泌代謝血液膠原病内科学講座(第二内科) 教授
小塚智沙代 琉球大学大学院医学研究科
内分泌代謝血液膠原病内科学講座(第二内科)  

第5章 医療情報ネットワーク
医療情報連携ネットワークの全国展開
浜野 英明 信州大学医学部附属病院 准教授・医療情報部 副部長

患者プライバシー保護を重視した電子カルテシステムを目指す
浜野 英明 信州大学医学部附属病院 准教授・医療情報部 副部長

書籍版を購入申込書籍版を購入申込書籍版を購入申込

ページトップへ戻る