Home > 業務案内 > 国土・地域・まち
モビリティ

3次元で複雑に絡み合うモビリティを整理することは
コストからストレスまでを大幅にカットすることができます

情報が時々刻々変化する社会の中で、交通分野においては「速さ」「動きやすさ」「利用のしやすさ」等を目標とした交通サービスの改善、需給調整策が求められています。
また、最近では、より良い交通体系、環境改善に向けたマネジメント施策も重要視されてきています。
このような中で、当社は環境、安心・安全とともに「モビリティ」向上をひとつの目標として調査活動に取り組んでいます。
様々なモビリティマネジメント 総合交通計画 社会実験 TDM(交通需要マネジメント) 駐輪対策 駐車対策 EST 道路環境対策 観光交通 モビリティ・マネジメント 自転車 公共交通活性化 バス 道路網 物流効率化計画 鉄道

総合交通計画

これまでの交通計画は、成長型社会に対応した施設量拡大型計画でした。これからは、既存ストックのフル稼働を前提とした計画、環境に負荷をかけない生活スタイルを支援する計画、高齢者が安心して暮せる身近な生活圏の計画などが重要になっています。交通計画がますます複雑・多様化していく中で、だれからも納得、共感、信頼を得られる交通施策を展開していくためには、各関係主体が連携・協働し、各主体間、各政策・組織間で整合がとれた総合的で実行性の高い交通計画を立てることが何よりも重要です。
当社では、都市圏レベルの総合都市交通体系調査(パーソントリップ調査、物資流動調査)や市町村又は地区レベルのまちづくり交通計画調査など、各地域の個性・課題を前提とした総合交通計画の立案・策定に取り組んでいます。
ページトップへ戻る

鉄道

迅速、安全に大量の人を運べる鉄道は、環境に優しい交通機関として、その活用が期待されています。
当社では、鉄道網計画、シームレスな運賃体系のあり方、地方ローカル鉄道の活性化方策、鉄軌道経営問題など、さまざまな課題について調査研究を行っています。
また、分野を越えた連携により、鉄道そのものだけでなく、鉄道や駅を活用したまちづくりなど、地域と一体となった鉄道のあり方、活かし方についても様々なご提案ができる体制を整えています。
ページトップへ戻る

物流効率化計画

物流は私たちの生活を支える上で、必要不可欠なものであり、企業の経済活動の一環と捉えられ、個別企業内での効率化を中心に対策が取られてきました。
これに対して、企業の物流施設は土地利用規制などによって立地できる場所が制限されていたり、それらを結ぶトラックは道路ネットワークを利用して輸送活動を行う等、多くの部分で公共インフラが関与しています。そのため、公共部門が積極的に関与し、適切で効率的な物流を推進する下地づくりが重要となっています。
当社では、大都市圏での物資流動調査や公共物流拠点の計画、コンテナラウンドユースの推進支援などのノウハウを活かし、豊かで環境にもやさしい持続可能な社会を実現するための課題解決に取り組んでいます。
ページトップへ戻る

道路網

日常生活に伴う移動や物資輸送を支えている道路、その道路の整備は公共財源の逼迫等から難しくなってきています。そのため、未整備路線の見なおしや、限られた予算の中での効率的整備に向けた優先度の設定、整備効果の把握や整備後の大気汚染など周辺への影響把握とともに、整備された道路空間の有効活用策も重要な対応になってきています。
当社では、高規格道路から生活道路までの実現可能な計画策定の他、整備効果把握、市民との合意形成、有効活用に向けた調査など、多様な要望にお応えします。
ページトップへ戻る

バス

本格的な高齢社会の到来、中心市街地の活性化、地球環境保全への取り組みなど、行政課題が山積するなかで、需要の量や質に合わせて柔軟に対応できるバス交通が見直されています。
当社では、地方自治行政とバス事業者、沿線住民などの適切なパートナーシップによって、移動手段の枠を超えた「ひとづくり」「まちづくり」の強力なツールとなり得るバス交通計画をご提案致します。特に、道路空間やバスターミナルといったハードウェア整備によるバスの魅力向上など、道路・都市計画分野で長年培ったノウハウを活かした「バス・インフラ」からの発想は、都市部、地方部を問わず、あらゆるシーンでのバスの活用・活性化ニーズにお応えできるものと考えます。
ページトップへ戻る

公共交通活性化

モータリゼーションの進展により、鉄道やバスの利用者は減少傾向にあり、赤字の拡大による路線の廃止等の問題が生じています。
一方で、高齢者等の車を運転できない交通弱者は今後も増加していくと予測されるため、公共交通の維持・確保が大きな課題となっています。そこで地域住民の生活の足を確保し、快適な生活ができるよう、公共交通の維持・活性化を図るための具体的な施策の検討など多様な要望にお応えします。
ページトップへ戻る

自転車

自転車は最も身近な乗り物であり、環境へのやさしさや健康志向の高まりなどから、交通手段としての利用が促進されています。一方、駅前や商店街等での放置や利用に伴う事故など安全かつ適正に利用が促進される環境は未だ整っていないのが現状です。
当社では自転車利用環境整備モデル都市、サイクルツアー推進事業モデル都市などでの実績を基に、ネットワーク計画、安全対策、駐輪対策、利用促進方策など各種テーマの構想・計画づくりから実験等まで多様なご要望にお応えします。
ページトップへ戻る

モビリティ・マネジメント

モビリティ・マネジメントは、環境問題や交通事故などのクルマがもたらす様々な問題に対応するために、企業や個人とのコミュニケーションを中心に、過度な自動車利用から公共交通や徒歩・自転車への利用転換を促す交通施策です。
行動変容を促す効果的な手法の提案やツールの作成、また様々な場面での導入検討など多様な要望にお応えします。
ページトップへ戻る

観光交通

観光交通問題には、大きく分けて2つのテーマがあります。1つは、特色ある観光施設や資源に対し、来訪者が満足するアクセスをどのように提供していくかといったネットワークサービス計画。いまひとつが、特定の季節や時間に集中する交通をいかにさばくかといった、交通処理計画です。
当社では、アンケート、グループインタビューなどを駆使して来訪者のニーズを十分引き出すとともに、社会実験手法などを活用した実践的、効果的な対策をご提案します。
ページトップへ戻る

道路環境対策

自動車による大気汚染、騒音等の沿道環境問題やCO2排出抑制に対しては、沿道での遮音壁、環境施設帯の整備等をはじめ、低公害車の開発・利用促進、渋滞の軽減、公共交通への利用転換、自動車に依存しない都市づくり等まで総合的な取り組みが必要とされています。
当社では道路環境の計測、CO2排出量のシミュレーションを含め、都市規模における環境に配慮した交通体系の提案まで、人と地球にやさしい環境づくりに取り組んでいます。
ページトップへ戻る

EST

EST(Environmentally Sustainable Transport)は環境的に持続可能な交通のことで、日本の場合は交通に係るCO2削減など地球温暖化対策と地域の賑わい維持などを持続的に行う上で、21世紀の最優先課題の一つとなっています。各方面が協力して技術革新を進め、人や貨物の移動における交通需要管理、重点的な交通施設の改良や整備などを総合的に進める必要があります。
当社では、バス利用の推進やパークアンドライド、貨物輸送の効率化対策など、環境にやさしい様々な調査研究、計画立案を行っており、多様な要望にお応えします。
ページトップへ戻る

駐車対策

都市の駐車対策は、道路交通法の改正によるメリハリのある路上駐車対策、量的整備から地区の課題に対応した質的な計画づくりの必要性、問題解決のための多様かつ柔軟な手法による取り組みなど、新たな展開の時期に来ています。
当社は、個別附置義務の見直し、荷さばき路上駐車の対応、低利用駐車場の増客対策、パーク&ライド施策、自動二輪車対策の推進、ITSの活用など、社会実験を含めて、様々な都市の新たな課題に取り組んでいます。
ページトップへ戻る

駐輪対策

都市における自転車は、健康志向の高まりや環境への配慮といった観点から利用が促進されています。一方、駅周辺や都心部の商業施設周辺では、駐輪場の不足や利用者のマナー不足により、依然として放置が解消されていないのが現状です。 当社では、都市における適正な駐輪場計画の立案や地元との連携による駐輪対策の提案・実施など、駐輪問題解決に向けた課題に取り組んでいます。
ページトップへ戻る

TDM(交通需要マネジメント)

交通需要マネジメント(Transportation Demand Management)は、交通需要に様々な方法で働きかけていく方策で、車や人の移動をより快適にし、地球温暖化対策としても利用されています。
効果ある対策とするためには、地域にお住まいの方や企業で利用されている車などの交通動向の調査や分析、依存状況などを踏まえて立案・計画することが一般的です。また地域の企業、住民の方にも協力をいただく組織の運用なども重要となります。 当社では、住宅地や駅前の交通問題から大都市の交通問題まで、国内海外の事例も活用しながら、様々な場面での導入や改善の検討まで多様な要望にお応えします。
ページトップへ戻る

社会実験

社会実験は、新たに導入を検討する施策を試行的に実施することで、施策の効果や導入上の課題等を浮き彫りにし、より実現可能性の高い施策の検討に資する重要なツールの一つです。 当社では、施策の事前検討から社会実験の企画・準備・運営、施策に関するアンケート調査・交通実態調査等の各種調査結果を踏まえた本格導入の検討まで、一貫して取り組んでいます。 地域交通の改善による地球温暖化対策、高速バスの新規路線開設や道路混雑緩和のための交通規制変更策、パーク&ライドの導入等の実績を有しており、本格導入まで多様な要望にお応えします。
ページトップへ戻る