Home > 業務案内 > 社会環境研究事業 > 福祉・医療
福祉・医療

【テーマの背景】
国民が安心して安全に暮らしていく社会を実現するには、安定した持続可能な社会保障制度を確立することが求められます。
しかしながら、我が国では他に例を見ない急速な少子高齢化により社会構造が大きく変化しており、国民の健康・医療・福祉を考える上で大きな課題となっています。

【キーワード】
地域共生社会/地域包括ケア/福祉/医療/介護

弊社の強み

 私たちは、国の介護予防や医療分野の政策立案支援と推進、そして都道府県や市区町村の医療、高齢者・介護保険、子育て、障害といった分野の調査・計画支援を専門(特に地域包括ケアシステムの実現)としています。
 これらの経験で培った知識と最新の動向を把握できる有識者等とのネットワークも有しており、地域の実情や社会動向を踏まえた政策立案や調査実施、計画策定を得意としています。

弊社が考える福祉・医療分野の今後

 国では、地域包括ケアシステムをより進化させた『地域共生社会』(高齢者や障害者に限らず、地域のあらゆる住民が役割を持ち、ともに支え合いながら、自分らしく暮らすことのできる地域社会)という概念を示し、その実現に向けた取り組みを検討しています。
 いわゆる分野ごとの縦割り支援から分野を超えた丸ごと支援への転換となりますが、超高齢・少子化社会を乗り切るためにも、これらへの対応が急務となってきます。
 今まで培ってきた地域包括ケアシステム実現のための知識・技術を活用して、地域共生社会の実現に努めてまいります。

弊社の取り組みのご案内

 

 現在弊社の取り組みをご紹介するPDFを作成中です

 

ページトップへ戻る