顧客ヒアリング、価値提案、セミナー企画などを
通じて、サービスの継続利用を促す。

清水2007年新卒入社

MDB事業本部カスタマーセンター

  1. TOP
  2. 社員紹介
  3. 清水 - MDB事業本部

知的好奇心を満足させられると感じて、入社を決意。

会話中の写真

専攻がシステム系ということもあり、就職活動はシステム会社を中心に回っていました。その結果、ある企業から内定もいただいたのですが、入社に踏み切れません。大学の教授の伝手でJMAR・MDB事業本部の説明会に参加したのは、そんなときです。もともとシンクタンク系には興味があったのですが、詳しく調べてはいなかったんです。MDBの人から話を聞いて、幅広い業界に対するさまざまな調査に携わり、知的好奇心を満足させられることが分かり、入社を決めました。

MDBに会員登録されたお客さまの、継続契約のための営業業務を行う。

打ち合わせ中の写真

情報コンサルタントとして入社後、営業へ異動となり、新規開拓を担当。その後、再び情報コンサルタントを5年程経験し、現在は、MDBに会員登録されたお客さまの継続契約のための営業業務を行っています。
会員制サービスのMDBは、継続してご利用していただくことが大切です。私の仕事は、それを促すこと。例えば、入会したものの、サービスをあまりご活用いただいていないお客さまには、そもそものご入会の目的などからヒアリングを行い、最適な活用方法をご提案します。JMAグループの経営コンサルタントや社外の識者などを講師として招聘、お客さま向けセミナーを企画するのも業務のひとつです。併せて、ビジネス課題解決のためのビジネスカウンセリングサービスをセッティング、JMAグループの経営コンサルタントなどをアテンドする業務も担当しています。

グループ全体の窓口として、JMAグループには深く相談できると認知してもらう。

移動中の写真

継続的にサービスをご利用いただくには、MDBを通じて、JMAグループに経営課題なども相談できると認知していただくことも必要です。私は「JMAグループ全体の窓口」としての役割も担っているのです。
ビジネスカウンセリングサービスは、私がカウンセリングするわけではありません。お客さまとJMAグループの経営コンサルタントとの相談の場をセッティングするまでが業務ですが、然るべき人材をアテンドできなくては、お客さまの期待にお応えできません。そのためには、しっかりと緻密なヒアリングが不可欠。ご要望をお聞きした結果、経営課題など深い問題に突き当たることも。そんなときは、私なりの視点で、意見することもあります。
心がけているのは、お客さまから信頼していただくこと。例えば、ただ聞くだけでなく、もう一歩踏み込んで質問し、より深い言葉を引き出してみる。そんな姿勢が大事です。

企業の枠を越えて協業、新たなパッケージメニューの開発を検討している。

打ち合わせ中の写真

グループ内のコンサルタントなどと仕事をする機会も多いですが、独立してもやっていけるような知識、スキルを持った専門家と、一丸となって業務に取り組めるのは心強いですね。また、JMAグループはフラットだと感じています。別の事業部でも、年次が上のメンバーでも気兼ねなくアサインできます。
今後は、会社の枠を越えた取組みにも挑んでいきたいですね。現在、セミナー講師をお願いした社外の識者の方と、パッケージメニュー開発を検討しているところです。こういう動きも、JMARでは自由にできます。やりたいことをやらせてもらえる会社だと思います。

休日の過ごし方

子どもが4人いるので、休日は――いや、平日も含めて、子育て、子守りに追われる毎日です。

Schedule of
one day平均的な1日のスケジュール

ほぼ毎日、お客さま先を訪問。直行直帰もある。1日1~3社、お客さま先で数十名を集めた講習会を行うことも。

ページトップ