ニュース&トピックス

  1. TOP
  2. ニュース&トピックス
  3. 介護施設向け業務効率化システム「介ソル」リリースのお知らせ

介護施設向け業務効率化システム「介ソル」リリースのお知らせ

株式会社日本能率協会総合研究所(本社:東京都港区、代表取締役社長:譲原 正昭 、以下「弊社」)は、この度、介護施設向け業務効率化システム「介ソル」をリリースいたしました。


能率協会グループとして培った業務効率化のノウハウと、住宅型有料老人ホームを経営する「株式会社ACG(所在地:鹿児島県鹿児島市、代表取締役社長:大牟禮康佑)」様が現場で培ったノウハウとを合わせて開発した、クラウドシステムとなっています。

最大の特徴は、介護施設内に入居されている利用者様へのケアサービスと皿洗い等の施設業務の全てを網羅した形で、スタッフ一人一人の1日の業務の流れを可視化する「業務割表」を自動で作成できる点にあります。施設に関わる全業務の流れを把握することで、業務の実施時間帯の工夫による効率化やケアサービス追加の的確な判断に活用することができます。さらに、突発的な業務への対応やスタッフの急用時における業務の割り振り等にもスムーズに対応することが可能です。

また、単純な業務の可視化や介護記録作成にとどまらず、時間帯ごとの稼働率、利用者様へのケアサービスの情報、実際の全業務の実施履歴、介護記録等の情報を分析することで、コスト削減、売上向上、スタッフの教育ポイント等、経営に関するデータをわかりやすく可視化して提供いたします。

ご興味を持っていただけましたら、以下のリンクから詳細についてご高覧ください。
「介ソル」ホームページは こちら


<本件に関するお問い合わせ先>
介ソル事務局  担当:原田、佐野
※お問い合わせはEメールからお願いします。
Eメール:kaisol_info@jmar.co.jp

※お急ぎの際は、下記の担当者電話番号までご連絡ください。
(代表電話へのお問い合わせはご遠慮ください。)
TEL:03-3578-7533

ニュースの一覧に戻る

ページトップ