Home > 会社概要
会社概要

トップメッセージ

 
本質を見極め、適切な判断と行動を促す「知」を提供します
 

株式会社日本能率協会総合研究所 代表取締役社長 譲原 正昭

 日本能率協会総合研究所は、1942年創設の日本能率協会を母体として、1984年に、複雑多岐にわたる社会ニーズに適した新しいタイプのシンクタンクの形成を目指しスタートしました。「官公庁の政策立案、計画立案のための調査研究事業」「民間企業のマーケティング、マネジメント領域での各種調査研究事業」「会員制のビジネス情報提供サービス事業」の3つの事業を現在展開しております。

 3つの事業は、目的とするところは異なりますが、共通して、複雑化する社会・経済環境に応じ、お客さまが必要とする、先端的かつ実践的、実用的な知識、知恵、ノウハウを提供することを強く意識しています。表面的な情報提供にとどめず、お客さまの実情に即した適切な経営判断や行動、実践を促し、成果の実現につなげることが私たちの使命だと考えています。

 常にお客さまに寄り添い考えること、また、どのような情報が必要でどのようにそれを解釈すればよいか、本質はどこにあるのか、「知」のプロとしての専門性を日々高めていくこと、それは時代が変わっても変わることがない、私たちが大事にしていることです。

 そのために、私たちは、

『技術力』
 課題解決に向けて有効かつ先鋭的な専門技術、およびそれらを適切に使い分ける力

『智力』
 得られた情報、知識から意味性や本質を読み解き、技術力を掛け合わせ、課題解決に導く力

『人間力』
 高い主体性を常に有し自ら行動するとともに、周囲の人を動機づけ、ポジティブな影響力を及ぼす力

の3つの力を磨いていきます。

 日本能率協会総合研究所は、これからも、ものごとや事象の本質を見極め、お客さまの課題解決に向けた適切な判断と行動に繋がる「知」を提供し貢献して参ります。

ページトップへ戻る