Home > 業務案内 > 社会環境研究事業 > 人の移動と交通
人の移動と交通

【テーマの背景】
人が移動する時には、歩くだけでなく乗り物を使っての移動が必要となり、移動するために通行する道路や施設、止まったりする駐車空間などが必要となります。
このような移動に関する課題分析から対策立案、計画策定までを大小のデータを駆使し実施することが求められています。

【キーワード】
公共交通/駐車/高速道路/パーソントリップ/大都市交通センサス/道路交通センサス

弊社の強み

 パーソントリップ調査、大都市交通センサス調査、道路交通センサス調査といった大規模調査の結果を活用しながら、各地域の特性や課題にあった分析や計画策定、また全国規模の検討を行うことが可能です。

弊社が考える人の移動と交通の今後

 都市近郊でも少子高齢化の影響により、人の移動の特徴や一日や週、季節の中でのピークが変わり渋滞対策や混雑対策の方策が変わってきています。
 また、都市部以外では、減ってしまった需要に対して従来の公共交通事業の維持が困難になるなか、公共の役割や民間の役割、利用者個人個人の役割を見直した在り方を各種のデータを踏まえて客観的に分析、将来予測や対策を構築していくことが必要です。

弊社の取り組みのご案内

 

 現在弊社の取り組みをご紹介するPDFを作成中です

 

ページトップへ戻る