Home > 業務案内 > 社会環境研究事業 > 物流と交通
物流と交通

【テーマの背景】
生活や産業に欠かせないモノが移動する時には、モノを運ぶ物流車である貨物車だけでなく、道路やモノの積み替えを行う物流施設、それらを有機的に結ぶ道路網や情報システムなど複合的なシステムが一体的に計画され、活用される効率的な物流網の構築と運用が重要です。

【キーワード】
物資流動調査/物流効率化/物流ネットワーク/駐車対策(端末物流)/港湾物流

弊社の強み

 物資流動調査や道路交通センサス調査などを活用した都市圏レベルでのモノの移動を把握する大規模調査を活用しつつ、産業間流動や生活物資輸送の実態に即した調査・分析、中心市街地における荷さばき物流対策を進めるための手引きの作成、法制度の改定検討に長ける実績を持ちます。

弊社が考える物流と交通の今後

 近年の労働力不足によりトラックドライバー不足が顕著となっており、荷物の積み合わせや空荷対策などによる物流の効率化は喫緊の課題です。
 また、少子高齢化の中で我が国の産業の国際競争力を維持し高めるには、国際港湾と臨海部や内陸の産業地帯との流動のボトルネックを解消し、アジア経済圏も視野にした効率的かつ利便性の高い物流ネットワークを形成、維持していく必要があります。
 更に、他方で高いレベルのサービス水準を維持する宅配事業など生活物資の配送に係る対策においては、車の利用だけに限らない多様な交通手段での輸送を適材適所で組み合わせて構築することが必要です。

弊社の取り組みのご案内

 

 現在弊社の取り組みをご紹介するPDFを作成中です

 

ページトップへ戻る