Home > 情報セキュリティポリシー
業務案内

情報セキュリティポリシー

ISMS基本方針

 株式会社 日本能率協会総合研究所では、官公庁の政策立案・計画立案のための調査研究事業、民間企業のマーケティング、コンサルティングを行う調査研究事業、および、会員制のビジネス情報提供サービス事業を行っております。調査研究やコンサルティングに際して、個人情報をはじめとして各種事業活動に関する情報を取り扱うことから、情報セキュリティ体制の構築は、クライアント企業並びに社会への責任であると認識しております。
また、ISMSを確立し事業継続性を高めることにより、クライアント企業並びに社会に迷惑を掛けないだけでなく、弊社従業者の利益確保に努めます。
当社は、ここにISMS基本方針を定め、従業者の高いセキュリティ意識の維持と、情報資産の安全な取扱い体制の構築及び維持に努め、社会的責任を果たします。

 当社は、JIS Q 27001:2014 に基づいた情報セキュリティマネジメントシステムを構築し、次の事項を遵守します。

  • 情報セキュリティマネジメントシステムの推進委員会を設置し、セキュリティルールを明文化します。さらに、セキュリティルールを本社はじめ全事務所に周知し、従業者に浸透させます。
     
  • セキュリティに関する法令規定要求事項、契約上のセキュリティ義務を認識し、遵守します。
     
  • 事業上の情報資産及び、その取扱いのリスクについて、定期的に見直します。
     
  • リスクの見直し結果は、経営者の承認を得て、必要な対応策を講じます。
     
  • 対策はセキュリティルールとして明文化し、全従業者に周知します。
     
  • 経営者は定期的に情報セキュリティマネジメントシステムをレビューし、継続的改善に努めます。
制定日 2013年11月 1日
改定日 2015年 4月 1日

株式会社日本能率協会総合研究所
代表取締役社長  加藤 文昭
ページトップへ戻る